Report 工事レポート

石狩K邸

  • 2021.04.02
    Image of 石狩K邸 1

    階段の下地が出来ました。

    階段の段板は、トドマツの無垢板でうずくり仕上げのものを使います。

    優しい足触りの階段になる予定です!

    Image of 石狩K邸 2

    浴室は、いつものフームさんの設計のFRP仕上げの床・壁仕上げに今回はユニットバスと同じような仕上げのシートを貼る予定です!

    写真は、FRP完了後の写真になります。

    Image of 石狩K邸 3

    旦那さんのご要望で

    ログっぽい雰囲気の板張りの部屋もあります!

    Image of 石狩K邸 4

    フローリングは、トドマツ無垢材の28ミリを使います。

     

    写真は、萱野の加工場で塗装中に様子です。

    Image of 石狩K邸 5

    塗装後です。

    キレイに塗装されており、現場では貼り終わりました。

    床養生が取れるのが楽しみです!!

  • 2021.03.04
    Image of 石狩K邸 1

    屋根の付加断熱下地作業中です。

    自社物件同様、105mmの付加断熱の仕様になっております。

    Image of 石狩K邸 2

    下屋にカーポートとアプローチがあり、

    奥の切り妻屋根が住宅になります。

    Image of 石狩K邸 3

    屋根材は、アスファルトルーフィングという材料を使用しています。

    接着材とビスでの施工になるのですが、

    冬の寒さで接着材が固まってしまうので

    採暖を取りながらの作業になります。

    Image of 石狩K邸 4

    幅約4.4m、高さ約2.5mの片引きの外部サッシ。重さ約350kg。

    こんな大きなサッシを現場に納めたのは、初めてでした。

    Image of 石狩K邸 5

    大工さん6人掛かりで設置完了。

    設置前日は、高低差のある現場で

    尚且つ、足場との隙間も少ないことから不安がありましたが

    当日はすんなりと設置完了していました。

    さすが、大工さん!という感じでした。

  • 2020.12.11
    Image of 石狩K邸 1

    10月から石狩で住宅の新築工事を始めさせて頂いておりました。

     

    今回、設計がフーム空間計画工房さん、施工が武部建設です。

    Image of 石狩K邸 2

    高低差のある敷地、基礎をコンクリート一発仕上げとしているなど、

    施工が中々一筋縄ではいかなかったです。

    Image of 石狩K邸 3
    Image of 石狩K邸 4

    ですが、無事12月4日に土間コンを打設し基礎完了。

    Image of 石狩K邸 5

    次の週の7日から

    すぐに大工が乗り込みました。

     

    今回は、墨付け手刻みの現場です。

    土台は、会社に在庫して保管しているヒバを使用しています。

    Image of 石狩K邸 6

    土台敷きは、棟梁と見習い大工の2人で行いました。

    Image of 石狩K邸 7
    Image of 石狩K邸 8

    石狩は、雪は少ないですが極寒の中の建て方。

    そんな中、4人の大工さんが一生懸命建て方を行ってくれています。