Works 施工事例

出口小児科

2009年 木のぬくもりとピラミッド型の屋根が象徴的な小児科医院

Data

延床面積
204.61㎡(61.9坪)
敷地面積
191.30㎡(57.9坪)
工法・構造
木造2階建て
竣工年月
2009年10月
設計・施工
武部建設(株)

Comment

賑わう交差点でひときわ印象的に建つピラミッド型の屋根が象徴的な小児科医院。夏の西日を遮蔽するために下屋を回廊のように回した外観は、街のシンボルにもなっています。
ヒノキのフローリングや道南スギの丸太などを使った建物は、木の素材感や暖かさを感じ、触れ合ってもらえる空間としています。待合室には武部建設オリジナルの木製家具を設置し、2つのステンドグラスは陽光を受けて輝いています。