武部建設株式会社 - モダン クラシック

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

北海道移住住宅

story.03 今までの自分の世界とは全く別の世界へ 東川町I邸

一番お気に入りという居間は斜めの天井が印象的。 断熱にこだわった住宅は屋根裏の施工もしっかりと対応。 愛知県名古屋市から犬3匹と北海道東川町に移住してきました。

当初、場所は北海道ならどこでも良いと思って役場の移住促進課が提供する土地をネットで探し、その中で東川町の移住促進課の担当者が親切だったので東川町に決めました。
地元東川町内や旭川近辺の建築会社に電話をしましたが、遠方から電話しているせいか、その対応に違和感を感じていました。
そこで、ネットで断熱をしっかりしてくれる業者を探しました。過去に断熱で苦い思いをした経験があり、断熱に関しては結構こだわりがありました。 その際に、武部建設の武部専務のブログを見て興味をもちました。
武部建設は全道対応だったので電話してみると専務が対応してくださり、会社に伺うことになりました。実際にお会いして、武部専務と話をしていて、ストレートにいろいろなことを話してくださる感じと、素人ながら武部建設の総合力が信用できそうだったのでお願いすることにしました。
遠方なので建設中は一度も北海道に来れなかったのですが、家はとても気に入っています。特に居間は気に入っていて、居間にいる時間が一番長いですね。あとはドッグルームも気に入っています。入口にペットドアを付けたのですが、他の業者の方に以前相談した際に、「ペットドアは止めた方がベター」と言われたのですが、専務だけは「いいよ」って言っていただけたのです。そこも気に入りました。
東川での生活は、今迄の自分の世界とは全く別の世界に住んでいるという感じですが、今後は武部建設さんにお願いしているアパート施工が無事できることと、数年後には輸入雑貨の買付で海外と日本を行き来できればと思っています。

担当大工のひとこと

こちらの住宅は2×4工法で、丸太を天井の梁やカーポートに使い、随所に無垢材を活用するなど木の質感をふんだんに感じられる住宅になっています。工期は8月〜11月ぐらいまでで、地元の旅館に宿泊しながらの作業になりました。東川町は夏場暑い地域なので作業も大変でした。 周りは自然が豊かで、とても環境のいい場所でした。工期中はお客様が本州の方だったので、現場に足を運ぶことができなかったので、現場でお会いすることはなかったのですが、完成後にお会いして、とても喜んでいただけたので、こちらもとても嬉しかったです。

大工棟梁 渡部 佳生